インプラント治療

インプラント治療は、歯を失った部位に行うことにより、もう一度噛めるようにする治療です。

大きく分けると

  • 1、2本くらいの少ない歯の欠損で単独で噛ませる
  • 多数の歯の欠損部位へ橋渡し(ブリッジ)の形態で噛ませる
  • 義歯が沈まないよう・落ちないように支えにする

ことを期待して行います。

失った歯の隣在歯を削らない、しっかりと噛める、義歯の煩わしさがないなどの利点があります。

インプラント治療は、インプラントを植える手術(埋入:まいにゅう)します。

ですから、全身疾患がある方(高血圧、感染症、糖尿病、喘息、自己免疫疾患など)は、術前に手術ができるか検討が必要となり、術中によりレベルの高い全身管理が必要となります。

手術が怖い方、緊張してしまう(白衣性高血圧)は、静脈内鎮静により眠っているような状態のまま手術が可能です。当院では、日本歯科麻酔学会認定医による全身管理および鎮静が可能です。

インプラントはその期待する機能により、埋入部位が変わってきます。そのために、事前診査のうえ、正しい位置へ埋入することが求められます。

当院では、信頼できるガイドシステムを使用しています。いままでの歯科医師の経験と能力に依存していた従来法と比較し、より正確度の高い治療結果を得ることが期待できます。

また、難易度が高いと言われる上顎臼歯部においても、当院では上顎洞拳上術を行うことができますので、解剖学的理由で断念した方にもインプラント治療をすることが可能です。

骨を増やす手術(GBR)も行うことができます。多くのマテリアルがある中で、当院では一番安全性が高い化学的なものを使用しています。また、より生体親和性を高くするため、採血をさせていただき、完全自己血液由来の成長因子を含んだフィブリンを利用しています。牛などの動物由来、他人からのヒト由来のマテリアルの使用をせず、より安全で効果のある方法を選択しています。

そして、インプラント治療をするうえで一番大切なことは術前の治療です。インプラントは歯周病菌に感染します。また1本の歯を失えば、咬合も変化している可能性があります。確実な歯周病治療、咬合治療なくしてインプラントの成功はありません。安全・確実なインプラント治療は、まず確実な歯周病・咬合治療から始まります。

日本歯科医学会専門分科会である日本口腔インプラント学会が認定する口腔インプラント専門医、歯周病の専門医が集まる臨床学会である日本臨床歯周病学会認定歯周インプンラント認定医、そして、40年の歴史を誇る日本インプラント臨床研究会認定会員を取得し、日々研鑽を積み、患者さんにとって一番良い技術提供を目指しております。

本来、インプラント治療は、適応症を選択して術前治療、術後管理を行うことで、患者さんにとって安心で安全かつとてもメリットの高い治療となります。

しかし、多くのトラブルも聞こえてきます。より安全に、そして後悔のない治療をするためには、費用だけで選ばずにしっかりご検討ください。

ご費用に関しては、カウンセリングをさせていただき、ご説明いたします。お気軽にご相談ください。

インプンラント基本料金 35万~(上部セラミックス込)