根管治療(歯内療法)

むし歯を放置したり、根の治療後に感染が起こった場合、根の治療が必要になります。放置すると、骨の中に炎症が起き、嚢胞と言われる病態となり、更に放置すると抜歯や外科手術が必要となります。部位や大きさにより、入院して全身麻酔下での手術となることがあります。

根の治療は歯を保存、残す場合に大原則の治療となります。
ここ最近になり、その治療の専門性が言われるようになってきましたが、まだ一般的とは言い難いことが現状です。
当院では、ラバーダム防湿、必要に応じたCT撮影、マイクロスコープもしくは拡大鏡による根管治療を通常の保険診療としてご提供しています。ファイルはすべて殺菌し、個別交換しております。
お勧めは自費診療での根管治療です。
自費診療の場合、上記治療内容に加え、ファイルはすべて毎回新品交換、マイクロスコープ使用、基本診療時間90分、なるべく回数を少なく治療を進めます。

費用:基本料金 35,000円~(部位により異なります)

自費診療ではNi-Tiファイル、MTA使用、レントゲン撮影(CT含む)はすべて基本料金に含まれます。


根の治療は当院にお気軽にご相談ください。

電話なら⇒03-5876-5506

PC予約なら⇒こちらをクリック